精力剤 素材

精力剤には様々な成分が含まれていますね。

医薬品に分類されるED治療薬は飲んでしばらくすると勃起をする成分が使用されています。

または市販のサプリメントにはマカやクラチャイダムなど精力アップや滋養強壮が期待される成分が配合されています。

目的にあった精力剤を選ばないと、金銭的な負担は多くなりますし、求める効果も得られずせっかくの精力剤が無駄になってしまいます。

さらに健康的な被害が出る可能性もあるので、精力剤を買う際には成分をきちんと見ないといけませんね。


精力剤の成分

薬局や病院で購入できる精力剤やED治療薬の多くは医薬品成分が配合されています。

また病院やクリニックではサプリメントすすめられることもありますが基本的の効果効能が証明されている医薬品が処方されます。

また漢方薬局等に置いてある漢方精力剤は医薬品成分を配合しているものがあります。

漢方はイメージ的には素材そのままという感じで副作用がないと考えている人もいますが、医薬品に分類されている素材であれば当然副作用がありますので注意する必要があります。


精力剤の主な成分

精力剤の成分については以下のものがあります。


マカ

精力剤の定番素材のマカは精力増強だけでなく、滋養強壮、疲労回復など様々な効果が期待される素材です。

色々な成分がバランスよく配合されていて体に様々な良い影響があることでも知られており、精力剤をはじめて買おうと考えている人はマカか次に紹介するクラチャイダムの精力剤を探されると良いと思います。



クラチャイダム

クラチャイダムは精力増強やED改善に効果があるアルギニンがマカの2.4倍も含まれることで話題の人気素材です。

クラチャイダムというと聞き慣れませんが、日本名では黒生姜とか黒ウコンという名前になります。



ムイラプアマ

ムイラプアマは多くの精力剤に含まれるサブ的な素材です。

ムイラプアマだけを含む精力剤は見たことがありませんが、精力増強全般に効果がある素材ではありますので、ムイラプアマの効果や効能を知りたい方はぜひ詳細ページを見てみてください。


シトルリン

シトルリンは日本で発見された成分で精力増強に有効な成分です。

スイカから見つかったから、スイカの学名を元にシトルリンという名称がつけられています。シトルリンLという成分もありますが、基本的に大きな違いはないようです。



アルギニン

アルギニンはED改善には必須とも言われる精力増強効果、ED改善効果が期待できる成分です。

マカやクラチャイダムに豊富に含まれることでも知られ、多くの精力剤に配合されている成分です。



亜鉛

亜鉛は牡蠣などに多く含まれるミネラルの一種で「セックスミネラル」とも言われる成分です。

精力増強や精力減退の予防に効果があると言われ、過剰摂取には気をつけつつも精力増強を目指すなら積極的に摂取したい成分です。



アシュワガンダ

アシュワガンダはインドに自生するハーブの一種で、精力増強のほかに抗ストレスの効果があると言われています。

現在は医薬品成分として指定されており、配合されている精力増強サプリメントはありません。



ヨヒンビン

ヨヒンビンはアフリカ原産のヨヒンベの樹皮から抽出された成分で、日本では医薬品成分として指定されておりサプリメントに配合してはいけません。

海外から輸入されたED治療薬などに配合されていて、副作用や健康被害などのトラブルも起きています。



インヨウカク(淫羊霍)

インヨウカク(淫羊霍)は滋養強壮効果があることで知られる有名な生薬です。

日本では「薬用養命酒」に入っている素材として広く知られています。医薬品成分となるためサプリメントに配合することはできず、摂取したい人は薬用養命酒を入手する必要があります。



ロクジョウ(鹿茸)

ロクジョウも漢方系の精力剤に含まれる生薬です。

鹿の角が硬くなる前に採取したやわらかい素材で、乾燥させて輪切りにしたものが漢方薬局でそのまま売っていることもあります。

第3類医薬品に分類されるため、サプリメントに配合することはできません。

それぞれ個別に詳細に紹介していますので、気になる成分がある人はそちらを参考にしていただければと思います。

基本的に上記で紹介している成分や素材は精力増強に効果がある成分です。


精力剤の成分を見るときの注意点

含有量は冷静にチェック

精力剤の成分をチェックする際には、「自分が求める成分が入っているか」をまず確認する必要があります。

精力増強したいのであれば精力増強に良いマカやクラチャイダム、亜鉛やアルギニンなどの成分がどれぐらい入ってるかを見ます。

精力剤の成分の含有量としてパッケージや広告に記載されているのは、効果がよりよく見えるため「2,000ミリグラム配合!」とか「100ミリグラム配合!」のようになるべく数字が大きく感じるように記載されています。

ただ冷静になると1グラムとか0.1グラムと大した量じゃないということはよくあります。

精力剤を購入する際には、その辺りも確認して冷静に自分が望む効果が得られそうかを確認する必要があります。

精力増強をするために、「どの成分をどれぐらい取れば良いか」がわかる人は少ないと思いますので、少なくとも複数の精力剤を比較して精力増強に良さそうな成分が多く含まれている物を選ぶのが良いでしょう。

当サイトでは精力剤の成分の含有量を比較していますので、いちいち自分で見るのは面倒の方はそちらを参考にしていただければと思います。


過剰摂取には要注意

後はやはり過剰摂取には気をつける必要があります。

マカやクラチャイダムのように一般的には副作用がない素材であっても、過剰摂取することで様々な副作用が出ることがあります。

1日の摂取量を守ったり、なるべく複数の精力剤を併用しないようにするなどして過剰摂取を防ぐようにしましょう。


精力剤で人気の素材

精力剤の素材というとすっぽんやマムシ、サソリなど動物系の素材のイメージが強いですが、最近ではクラチャイダムやマカ、トンカットアリなど植物系の取材が人気です。

アルギニンやシトルリンなどの成分をアミノ酸や亜鉛をダイレクトに配合している商品も人気です。

この辺は好みですので、自分が求める効果から試してみたい素材を決めて、精力剤を選んでみてください。